長塚京三の現在!激やせ理由や死去・病気の噂について

俳優の長塚京三さんの現在について迫ります。

長塚京三さんが激やせした理由や死亡説、病気説にも言及します!

長塚京三の現在について

かつて「理想の上司」No.1にも輝いた渋い俳優として人気のあった長塚京三さんですが、最近テレビで見かけなくなりました。

現在、長塚京三さんはどうされているのでしょうか?

スポンサーリンク

様々な噂と共に検証していきましょう。

長塚京三は現在激やせ?

2017年に放送されたドラマ「CRISIS公安機動捜査隊特捜班」に出演していた長塚京三さん。

ですが、そのお姿に視聴者は驚愕しました。

長塚京三さんが激やせしていたのです。

そのお姿がコチラ。

出典:pinfluencer.net

長塚京三さんと言えば宍戸錠さんほどではありませんが、ほっぺが膨らんでいるようなお顔立ちが特徴的でした。

そこから優しさと厳しさを併せ持った、それこそ上司にこんな方いたらな、と思わせるようなイメージを与える方でした。

この激やせぶりには病気では?と言った声が相次いだのです。

長塚京三に死去の噂

長塚京三さんの病気説もこの後ご紹介しますが、病気以前に死亡したという噂が出てしまったので、その真相をお話しします。

結論から言いますと、長塚京三さんは亡くなられていません。

現在もご健在です。

では、どこから死亡説が浮上したのか?

それは、俳優の蟹江敬三さんが死亡したことが原因でした。

長塚京三さんと蟹江敬三さんがごっちゃまぜになっていたのです。

出典:www.jiji.com

上が蟹江敬三さんですが、実際は長塚京三さんとは似ていません。

ですが、この世代の俳優さんに疎い方から見ると、蟹江敬三さんと長塚京三さんの区別はつかないかもしれません。

それはAKB48のメンバーの区別がつかないのと同じです。

また、蟹江敬三さんが2002年から担当していた「ガイヤの夜明け」のナレーションを、癌のため降板した蟹江敬三さんの後を、長塚京三さんが務めたことも誤解される原因となったかもしれません。

スポンサーリンク

長塚京三に病気の噂

この投稿をInstagramで見る

「そうだ 京都、行こう。」25周年!JR東海 杉浦 営業本部長、ナレーションの長塚京三さんに感謝状を贈呈!長塚さんのご令室 敏子さんもご一緒。京都の魅力を素晴らしい映像とナレーション、コピーで発信いただき、有難い限り。耳に心地よく、味わい深い長塚さんのナレーションが、私も大好き。東京に行くと、いつもこのCMを拝見、拝聴して嬉しく思っていました。25年にわたるご貢献に深謝。コピーライターの太田恵美さん、カメラマンの高崎勝二さんにも感謝状をお贈りします。 #そうだ京都行こう #JR東海 #長塚京三 #太田恵美 #高崎勝二

門川大作さん(@kadokawadaisaku)がシェアした投稿 –

長塚京三さんに病気の噂が出たのは、長年シリーズもので出演していた「ナースのお仕事」に出なくなったことがきっかけでした。

病気の理由として「うつ病」「ダブルブッキング」ということが挙がっています。

うつ病に関してはそれはなかったという結論が出ています。

その例として2002年の長塚京三さんの出演作品をご覧ください。

・2002年7月~9月「ナースのお仕事4」

・2002年4月~6月「しあわせのシッポ」

・2002年10月~12月「真夜中の雨」

これだけタイトなスケジュールをこなすのは、うつ病にかかっている人には到底無理なことです。

うつ病の症状も様々ありますが、そもそもうつ病はヤル気を奪い、ボーっとしている時間が増えてしまう傾向にあります。

仕事をしなくちゃと思っても出来ないほど気力がなくなる病気です。

ですから、こんなにハードスケジュールを、うつ病の方がこなすのは現実的ではありません。

また、うつ病には療養が必要で、それは長い時間を有します。

このスケジュールの中にそんな時間はありません。

もう一点、長塚京三さんの病気の噂の原因に「ダブルブッキング」が挙げられています。

これも「ナースのお仕事」を例に出しますが、「ナースのお仕事」は3クールも放送された人気ドラマ。

当然「4」への出演も期待されていたはずです。

ですが、長塚京三さんは「4」は降板しています。

「ナースのお仕事4」と他のドラマでダブルブッキングを起こし、「ナースのお仕事4」を降板せざるを得なくなったのではないかという訳です。

これなら病気で降板したという理由には当てはまりません。

ナースのお仕事がきっかけ

この投稿をInstagramで見る

㊗️再放送決定‼️ ‘’冷静に、客観的に、俯瞰的に‘’ が、モットーの弁護士 藪原勇之進(長塚京三)裁判で事件の真実を解き明かす‼️ 3/3(日)19時~ BSテレビ東京 #夏樹静子サスペンス #香月秀之監督 『#逆転弁護士ヤブハラ  ー証言拒否ー』 【出演】#長塚京三、#黒谷友香、#高畑淳子、#西村まさ彦、#高岡早紀 他 【原作】夏樹静子 【脚本】#久松真一 高岡早紀さん演じる智子を逮捕し連行する刑事役です🎵 2015年の作品。 上質なミステリーと人間ドラマ! 🌟予告編🌟 https://youtu.be/ixRaOIGjjy0

嶋田彦さん(@gen_0310)がシェアした投稿 –

ここまでにも散々登場していますが、長塚京三さんの病気の噂が出たのはひとえに「ナースのお仕事4」を降板したことにあります。

「ナースのお仕事」は人気ドラマで、3シリーズまで放映されました。

これまでのシリーズに長塚京三さんは全て出演されていました。

役どころとしてもとても主要な役柄で、当然「4」にも長塚京三さんが出演すると思っていました。

ですが、突然の降板。

「ナースのお仕事4」では、長塚京三さんの役柄が不自然になくなっていました。

当時見ていた時にとても違和感を覚えました。

クライシスの役で痩せたのがきっかけ

先ほども画像付きでご紹介しましたが、長塚京三さんが出演したドラマ「クライシス」での激やせぶりが、長塚京三さんに病気説を植え込みました。

そもそも2000年の「ナースのお仕事3」以降10年間、長塚京三さんのドラマ出演はありませんでした。

復帰という言い方をしていいのか分かりませんが、2010年からまたドラマでお姿を拝見出来ました。

「クライシス」は2017年ですから、単に加齢によって痩せたという見方も出来ます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする