マネーの虎の家具職人・菊野慶吾の現在について。その後は愛媛で店舗オープン

菊野慶吾さんは、現在どうしているのでしょうか。

菊野さんの現在についてまとめました!

マネーの虎の家具職人・菊野慶吾の現在について

菊野さんは現在どうしているのでしょうか。

2000年に木工のお店ハンドメイドショップKIKUNOをオープンさせ、2005年に楽天市場に出店などその順調ぶりはCompanyProfileを見るとよく分かります。

そして今年(2018年)6月にはなんとYouTubeチャンネル「カントリーウッドガーデン」を本格的に配信開始したとのことです。

これだけでも凄いのですが、なんと台湾代理店もあるようで、日本だけでは狭すぎたようです。

確かマネーの虎当時20代でしたから、まだまだ働き盛りの年齢ですし、会社自体もまだまだ成長するでしょう。

そして、この活躍ぶりを誰よりも喜んでいるのは他でもない投資した「虎」だと思います。

スポンサーリンク

今後も働き盛り伸び盛りの菊野慶吾さん、COUNTRYWOODGARDEN(菊野慶吾さんの会社)から目が離せそうにないですね。

現在は会社を持ち、活躍しているようです。

マネーの虎出演のその後は愛媛で家具屋オープン

マネーの虎出演後は、家具屋をオープンしたようです。

手作りの机(家具)に座ってコーヒーが飲めるスタイル(カフェスタイル)の家具屋だそう。

菊野さんはその後、2003年にネットショップをスタートさせ、2004年に「有限会社カントリーウッドガーデン」を設立されています。

2005年には楽天市場に出店し、2007年には、ミニチュア家具・ドールハウス定番商品の販売をスタート。

2015年には、本社・ショールーム移転をされています。

カフェスタイルの家具屋さんのようです。

手作りの家具やコーヒーもあり、おしゃれな空間なのでしょうね。

お店の評判は?

お店の評判はどうなのでしょうか。

Rakutenみんなのレビューによりますと、COUNTRYWOODGARDENの総合評価は4.49(367件)梱包が丁寧、オリジナリティのある品物が多い丁寧な仕事という評価が多いようです。

ただし、1.00という驚きの評価のモノや高評価をつけている人と同じお店の対応とは思えない驚きの対応などもあったとのことです。

とはいえ、全体的には高評価ですので、ご興味のある方は公式ページや販売サイトを覗いてみるのも良いかもしれません。

お店の評判は良いようです。

現在の年収や資産額

現在の年収や資産についてはどうなのでしょうか。

なぜなら、彼に成功の資質があるのは、番組当時虎に言い渡されたノルマ(初日で50万円売り上げる)というのをなんなくクリア(かごのみで53万3460円)し、奇跡に近いと言わせたほどの人です。

もちろん、番組で得た500万円を無駄にすることなく、すこぶる順調な運営がなされています。

ということは、当然その年収や資産は「ヤバい」でしょう。

ただどの程度ヤバいのかは、トップシークレットなようで、ネット上では見つけられませんでしたが。

マネー成立から1年半ほどで、年商1億円を超えていたという菊野さん。

菊野さんには成功の資質があるようですね!

きっと年収は相当なものなのでしょう。

マネーの虎出演時の家具職人・菊野慶吾の状況

スポンサーリンク

マネー虎出演時の菊野さんの状況についてです。

これまで、家族で細々と家具屋を経営されていた「菊野」さんですが、今後を見据え、他店との差別化をはかるため、カフェスタイルでの家具屋をスタートしたかったようです。

父親が事業で抱えた借金が1億円あることを告白した菊野さん。

なんと、父親が抱えた借金があったようです。

家具屋スタートの希望も持っていたようです。

マネー成立までの流れ

マネーが成立するまでの流れはどのようなものだったのでしょうか。

これまで、家族で細々と家具屋を経営されていた「菊野」さんですが、今後を見据え、他店との差別化をはかるため、カフェスタイルでの家具屋をスタートしたかったようです。

最初は、緊張でうまく言葉が喋れていなかった「菊野」さんですが、「職人はその方が良い」などと、「堀之内」社長からは逆に気に入られ、番組の開始直後でありながら、全額投資したいとのオファーをもらっていました

その後、貞廣&岩井の両社長も投資したいなどと発言し3人の社長で菊野さんを取り合う流れになりましたね。

岩井「僕は家具にも経営にも口は出したくない」
貞廣「家具のアドバイスはしますが、経営には口を出しません」
堀之内「金も出すけど口も出します」

3人の虎がそれぞれ、投資に対する考えを発表した直後、父親が事業で抱えた借金が1億円あることを告白した菊野さん。

「堀之内」社長からは、「そんなもの儲けたお金で返せばいいじゃないですか?」などと言われており、どの社長もそんな理由で投資を辞める気はないとのこと。

最終的には、家具について1日中語れそうだという理由で「貞廣」社長から投資を受けることをご決断された菊野さん。

後日、不安な表情で「貞廣」社長のもとを訪れた菊野さん。

実は、父親の借金なので返す義務はない、と番組内では告げたものの、その後よくよく調べてみると、やっぱり返済しなくてはならなかったのだそう。

番組内で嘘をついていたことになるので、「今回の投資が不成立になるのでは?」と泣きそうな顔で、「貞廣」社長に不安な気持ちを伝えていた「菊野」さん。

そんな菊野さんに対し、貞廣社長は「もう無理だと思っているの? やろうよ、僕は銀行屋じゃないんだから、そんなのどうでもいいんです。あなたの成功が僕にとっての成功なんです。」

流石は貞廣社長、器が大きすぎますよね。

その後も、家具のデザインについて相談した際に「大切な人のことを考えてつくれば、おのずと答えは出るよ」などと様々ななアドバイスをもらっていたようです。

貞廣社長を選んだことは、やはり正解だったみたいですね。

その後、家族や職人たちとの軋轢などといったトラブルを乗り越え、無事に家具屋のオープンにこぎつけた菊野さん。

父親の借金があったとしても、支えてくれる人がいてよかったですよね!

店オープンに向けた準備開始

お店のオープンに向けた準備を始めたころについてです。

手作りの机(家具)に座ってコーヒーが飲めるスタイル(カフェスタイル)の家具屋だそうで、オープン初日は、家具だけで1日50万円を売り上げる、と貞廣社長と約束していた菊野さん。

オープン当日の夜に、貞廣社長がお店に到着し、初日の家具の売上を発表することに・・・

菊野さん「家具のみで53万3460円です。」

吉田栄作「やったじゃないですか(泣)」

貞廣社長「奇跡に近いですね。」

菊野さんの努力ももちろんあるかと思いますが、職人さんや家族とが一体となって、このような結果が出たのでしょう。

初日にとても大きな目標を達成したようです。

これからも頑張って欲しいですよね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする