ジェンキンスの現在は?死因はうっ血性心不全。曽我ひとみとの娘について

ジェンキンスさんは、現在どうしているのでしょうか。

ジェンキンスさんの現在の話題についてまとめました!

ジェンキンスの現在について

ジェンキンスさんの現在についてです。

2017年12月12日に突然の報道がありました。

12月11日、ジェンキンスさんは亡くなったとのこと。

享年77歳でした。

2017年に亡くなっています。

死因はうっ血性心不全

スポンサーリンク

死因は何だったのでしょうか。

2017年12月12日に突然の報道がありました。

12月11日、ジェンキンスさんは亡くなったとのこと。

享年77歳でした。

致死性不整脈ということで、突然死だったそうです。

12月11日に玄関先で倒れており、搬送先の病院で死亡が確認されたそうです。

のこされた二人の娘さんはもちろん、奥さんの曽我ひとみさんの心中を察すると無念です。

曽我ひとみさんは「突然のことで何も考えられない」とのこと。

凄く仲の良い夫婦だったので曽我さんのショックも相当なものかと思います。

メディアも規制してほしいですね。

ジェンキンスさんが日本と北朝鮮の拉致問題に対して影響した部分は大きく、日本国民として敬意を持ってお悔やみを申し上げます。

死因は致死性不整脈だったようです。

どんな病気なのでしょうか。

チャールズ・ジェンキンスさんが2017年12月11日に致死性不整脈により突然死去したことが伝えられました。享年77歳でした。

チャールズ・ジェンキンスさんは11日の夜に、自宅の玄関先で倒れているところを発見されて救急搬送されましたが、その後死亡が確認されました。

この突然の死去について、曽我ひとみさんは「突然のことで今は考えられない」と語っていますが、チャールズ・ジェンキンスさんが勤めていた観光施設「佐渡歴史伝説館」の館長は次のように語っています。

館長の松田輝義さんは「朝のニュースで知り、びっくりした。あんなに元気だったのに」と話した。

「非常にまじめで、遅刻は一度もなかった。

同僚にジュースやアイスをおごったり、雑談をしたりして、アイドル的な存在だった。

観光客にも人気があり、電話の問い合わせもよくあった」と振り返った。

ジェンキンスさんは2017年12月11日に新潟県佐渡市で亡くなりました。

午後7頃で自宅の外で倒れているのを帰宅した娘さんが発見し、119番に通報、病院に運ばれましたが死亡が確認されたそうです。

ジェンキンスさんは77歳で亡くなりました。

「朝日新聞デジタル」によるとジェンキンスさんの死因が「致死性不整脈」であることが報じられました。

普通の不整脈は健康な人にも見られる極めて一般的なものです。

また、ほぼ無害で、不整脈が起きたとしても人体に致命的な影響が出ることはないです。

しかし、致死性不整脈は、生命にかかわる重篤な症状を引き起こします

その一つに挙げられるのは「心室細動」です。

心室細動が発症すると、心臓には異常な電気刺激が発生し、心臓は不規則に痙攣や収縮を繰り返し、心臓の機能を低下します。

これが死に至る不整脈です。

心室細動が発生した場合、多くのケースでは約10秒で意識を失い、約5分後には死に至るそうです。

突然死の原因になる不整脈のようです。

本当にお悔やみ申し上げます。

2014年来日時のインタビュー

2014年のインタビュー時の内容について調べてみました。

スポンサーリンク

北朝鮮による拉致被害者・曽我ひとみさん(55)の夫チャールズ・ジェンキンスさん(74)が来日して18日で10年となるのを前に、読売新聞のインタビューに応じた。

新潟県佐渡市での暮らしについて「みんなとても優しく、家族をサポートしてくれて感謝している」と語る一方、日本人拉致被害者らの再調査に対しては「誰か1人が帰ってくるまで北朝鮮政府を信じるべきでない」と述べた。

ジェンキンスさんは現在、曽我さんと長女美花さん(31)、次女ブリンダさん(28)の4人で暮らしており、自身は観光施設の売店で働いている。

来日当初の体重は48キロだったが、現在は75キロ。健康状態は良好という。

「もし北朝鮮にいたら、私は生きていなかったと思う」「佐渡に来て良かった。不満は何一つない」などと語った。

しかし、日朝協議を機に動き出した日本人拉致被害者らの再調査については厳しい見方を示した。

「北朝鮮は万景峰マンギョンボン号の入港再開のために再調査を使っているだけ」と指摘。

「拉致被害者が『北朝鮮の人と結婚して子供も生まれているので離れたくない』と言っていると、北朝鮮が説明したり、そう言わせるように仕向けたりするだろう」とも述べた。

現在の暮らしや、拉致被害者の方々の再調査について述べたようです。

ジェンキンスさんの視点からの、貴重なインタビューですよね。

ジェンキンスと曽我ひとみの娘2人の現在について

現在奥さんや娘さんはどうしているのでしょうか。

現在は、二人とも日本に帰化し、母・ひとみさんの実家がある佐渡島で暮らしているようです。

そして日本の永住許可を得て、曽我ひとみさんと娘さんとともに佐渡島で暮らすことになったのです。

ジェンキンスさんと4人で、佐渡島で暮らしていたようです。

長女・ミカは保育園勤務

長女はどうしているのでしょうか。

ちなみに、奥さんである曽我ひとみさんと娘さん2人と一緒に生活しているそうです。

長女の美花さんは保育士、次女のブリンダさんは酒造会社に勤務しているという情報が2014年の記事で確認できました。

ミカさんが結婚しているかどうかわかりませんが、現在は保育士として働いています。

保育士として働いているようです。

次女・ブリンダは酒蔵勤務

次女はどうしているのでしょうか。

ちなみに、奥さんである曽我ひとみさんと娘さん2人と一緒に生活しているそうです。

長女の美花さんは保育士、次女のブリンダさんは酒造会社に勤務しているという情報が2014年の記事で確認できました。

一方、ブリンダさんは結婚して、現在は酒造会社で働いています

酒造会社で働いているようです。

次女・ブリンダは現在結婚

次女は結婚しているという話があるようです。

現在、二人の娘さんも30歳を超えているので、どこかでご結婚しているかもしれませんね。

一方、ブリンダさんは結婚して、現在は酒造会社で働いています。

また、ブリンダさんは新潟県の一般男性と結婚しています。

そしてブリンダさんは2017年に男児を出産し、ジェンキンスさんにとっての初孫となりました。

結婚して、子供もいるようです。

家族幸せに暮らして欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする