浅井力也の現在について!おすすめの作品や母の歯の噂をチェック!

今回は画家の浅井力也の現在について、おすすめの作品の紹介や実母の歯の噂についてまとめていきます。

浅井力也の現在について!ハワイに住んでるって本当?

分娩時の事故で仮死状態からの蘇生後、脳性麻痺と診断さその後画家として類まれみる才能を発揮した浅井力也。

まずはプロフィールをまとめてみました。

分娩時の事故で仮死状態からの蘇生後、脳性麻痺と診断される。

4歳で治療のためハワイ移住。

この頃から絵の具に興味を示し、水彩画などを描き芸術に目覚める。

8歳でホノルル・CPDロビーにて初の絵画展開催し、ハワイのテレビや新聞に報道される。9歳で東京と横浜で絵画展を開催。

同年、初の詩画集「うちゅうのはなび」を刊行。

スポンサーリンク

17歳で文部省検定小学校1年~6年「国語」教科書(学校図書株式会社)の表紙に12作品が採用される。

日本のみならず世界を舞台に絵画展を開催し、精力的に活動中。

なお、生年月日は1984年12月15日となります。

ハワイには4歳から治療の為、移住をしています。

ところで浅井力也ってどんな人なの?

さて、リッキーこと浅井力也とはどんな人物なのでしょうか。

リッキーの人柄は本当に素敵。

お母さんは「リッキーは生まれて一度も怒ったことも人を妬んだことがない」ということを言っていました。

リッキーは、初めて会ったのに、たくさん話しかけてくれて、コミュニケーションをとってくれて、「リッキーと僕とは友達」ってことを必死に伝えてくれました。

リッキーの人柄に感動してしまいました。

とても優しい方のようですね。

誕生日には多くの方が訪問しに来るようです。

来月あるリッキーの誕生日会には、たくさんのハワイの有名な方が来られるそうです。

それだけの人がリッキーをお祝いしにくる理由もわかる気がします。

それだけ魅力的な方なんでしょう。

素敵な人柄が伺えますね。

浅井力也のおすすめの作品が知りたい!

浅井力也はわずか6歳で描いた作品がハワイ美術院展に入選します。

それ以降も続々と才能を発揮します。

7歳でハワイ美術院展にて「毒りんご」が日本総領事賞受賞。

8歳でホノルル・CPDロビーにて初の絵画展開催。

9歳で東京と横浜で日本で最初の絵画展開催。

11歳で画集「Riki」(BNN)刊行。日本各地にて絵画展開催。

16歳で「夢色の絵筆」(くもん出版)刊行。日本各地にて絵画展開催。

9・11の直後、ニューヨークでの「ピース・アート展」100人のアーチストの1人として招待され、「僕のスターウォーズ」を発表。

17歳で文部省検定小学校1年~6年「国語」教科書(学校図書株式会社)の表紙に12作品が採用される。

18歳でサンフランシスコにて国際文化交流絵画展開催。

19歳で沖縄で絵画展。各教会にてのご奉仕。トークショー。大阪絵画展開催。

スポンサーリンク

4月、サンフランシスコで絵画展開催。日米交流150周年記念行事貢献。

11月、大阪で絵画展。

20歳で浅井力也&浅井三和子、ホノルル総領事官邸にて表彰される。

友好親善促進・国際文化交流の対外関係を通じた国益の増進に寄与し領事館任務の遂行に協力した個人の功績を称え表彰状受ける。

28歳でハワイ大学障害プロジェクトで展示。ハワイサムズキッチンンにて展示個展。

アロハ・インデペンデント・リビングハワイ障害者NPO団体へのチャリティーイベント開催。

29歳で 高知県・絵画展開催。講演&トークショー。

9月、日本クラブにてニューヨーク個展開催予定。日本クラブ講演予定。ニューヨーク総領事官邸内講演予定。

などなど上記の賞歴及び活躍は一部抜粋ですが物凄いですね。

ここで個人的おすすめ作品を紹介します。

『フィッシュオブニネべ』

『おしゃべりアンスリウム』

『08さくら』

どれも素敵な作品ですね。

浅井力也の母親がすごい!息子のために歯を全部抜いたって本当!?

最後にリッキーこと浅井力也の母親について調査します。

なんと息子の為に自身の歯を全て抜いたというエピソードが有名です。

BSのニュース23の取材の時の お母様が30代前半で歯を1日で全部抜いたお話。

長く生きる事が出来ないと主治医の先生から言われ、出来ることは何でもやろう。

そんな思いで食べ物を噛めないリッキーの為に、菌が入らないようにと歯を抜いて全て入れ歯にされたお話も心を打たれる内容でした。

過去には鬱になり1度は自殺を考えた事もあると言われてました…

でも、無意味に生まれてくる人などいない。

どんな人でも神様から与えられた仕事をするために生まれてきたというお母様の信念が、リッキーが世界で活躍されるまでに開花されたのだと思います。

食べ物をかみ砕けない自身の子の為に菌が入らないように歯を抜いて全て入れ歯にされたようですね・・・

物凄い深い愛を感じられますね。

そんな母の愛がリッキーこと浅井力也の才能を開花させたのかもしれないですね。

今回は天才画家の浅井力也についてまとめてみました。

素晴らしい才能を生かしていつまでも絵を通して世界中の人を魅了して頂きたいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする