姉歯秀次の現在や経歴・妻まとめ。息子がいた?創価学会のメンバーだったの?

2005年に起きた、耐震偽装問題

その事件に関わっていたとされる、当時一級建築士の姉歯秀次さんを覚えているでしょうか?

連日にわたり、かなりの報道をされていましたね。

今回は姉歯秀次さんについてご紹介したいと思います。

姉歯秀次の現在

姉歯事件とは、2005年に明るみになった構造計算書偽造問題のことです。

この姉歯事件に関係しているのは、主に元一級建築士の姉歯秀次が関わっています。

耐震偽装問題・姉歯事件と呼ばれているこの事件は、マンションやホテルなど、建築の際に耐震強度を基準まで引き上げなければいけません。

しかし、姉歯事件ではその耐震強度を建築の際に、偽装した疑いで元一級建築士の姉歯秀次が逮捕されました。

スポンサーリンク

現在ではこの姉歯事件はもうすでに解決しています。

現在では事件は解決しています。

姉歯秀次さんが逮捕され、懲役五年を言い渡されていたのでもう出所しているのではないでしょうか?

調べてみたのですが、今現在の姉歯さんに関する情報はありませんでした。

姉歯秀次の経歴まとめ

名前:姉歯秀次

出身地:宮城県大郷町

生年月日:1957年6月10日

出身高校:宮城県立古川工業高校卒

職業:1990年に一級建築士の資格を取り活動していましたが、耐震強度偽装問題により2005年に剥奪。元一級建築士と呼ばれています。

その他の経歴として1980年から4年間は大阪に本社のある中堅ゼネコンに入社し、その後の経歴は「設計の仕事がしたい」と言い、退社しました。

そして、1988年の経歴には千葉県市川市に事務所を開設し、4度の挑戦で一級建築士に合格したという経歴があります。

姉歯さんは高卒だったようですね。

その後努力して、一級建築士となったのに、剥奪されてしまい残念ですね・・・

姉歯秀次が結婚した妻について

そんな姉歯さんと結婚していた奥さんはどんな方なのでしょうか?

亡くなったという情報もあります。

2006年に妻が飛び降り自殺

姉歯秀次には妻と息子がいました。

姉歯事件のその後、マスコミからかなりのバッシングがあったために、姉歯秀次の妻はその報道に耐え切れずに自殺してしまっています。

もともと、精神病を患っていたようで、そのバッシング報道が引き金になったのではないでしょうか。

事件の後、奥さんはなんと自殺してしまったとのことです。

当時すでにうつ病だったという情報はありますが、過熱する報道によってさらに追い込まれてしまった可能性はありそうですね・・・

スポンサーリンク

自殺した妻の遺書の内容

遺書などはなかったとされるため、奥さんの自殺原因は不明ですが、一連の姉歯バッシングが響いたのでは?とも。

遺書はなかったそうですが、やはりこの事件をきっかけに追い込まれてしまったことは事実でしょうね。

この時のマスコミ報道は、姉歯元建築士へのバッシング記事が連日踊った。

「自宅は超豪邸」「隠し財産が何億円もある」「愛人にマンションを買い与えた」「妻はブランド品を買いあさり、高級フランス料理店でグルメ三昧」などなど……。

しかし自宅は質素で隠し財産どころか、自宅購入時に多額の負債を負っており、保釈金を支払う蓄えすら残っていなかったそう。

この連のマスコミバッシングが一因となり、妻が自殺してしまうという悲劇も起きた。

このように愛人がいるなどの報道もあったりしたそうですが、金銭的には余裕もなかったそうです。

奥さんは事件に関係しているわけではないのに、こんなことになり、胸が痛みますね。

姉歯秀次の息子は2人

姉歯さんには息子さんが2人いるようです。

どうしているのでしょうか?

息子達はフリーター?

姉歯秀次には息子が二人いました。

息子はともにフリーターで、偽装問題が発覚したその後は、息子も自宅に出入りしていたようですが、マスコミもいたせいか息子たちは朝早くに外出し、夜遅くに帰ってきていたようです。

当時から息子さんたちはフリーターだったようですね。

事件がキッカケでフリーターだったわけでもなさそうです。

しかし、事件で家に帰りにくかったのはあるでしょうね・・・

姉歯秀次は創価学会のメンバーだった

そんな姉歯さんですが創価学会のメンバーだったとの情報が。

姉歯”耐震偽造騒動の裏側で創価学会が暗躍?

耐震偽造建築士の姉歯秀次氏が熱心な創価学会員だということは既に週刊誌などが報じている。

週刊現代(12月17日号)の記事によると、「ヒューザー」の小島進社長と国交省との間を最初に取り持ったのも公明党(=創価学会)議員の山口那津男氏だった。

週刊誌にも出ないものがある。

それは次の「きっこの日記」にある、ヒューザーの社員の8割が創価学会員であるなどの事実。

このように姉歯事件に関わる「ヒューザー」の社長も社員も創価学会という説があり、しかも公明党の議員が取り持つという・・・

裏では創価学会が絡んでいるのでは?といわれたそうです。

これが真相なのかはわかりません。

が、姉歯事件により、亡くなった方が出たのも事実・・・

高卒から一級建築士まで成り上がったのに、家族を失うという悲しい結果となっていました。

出所した今、姉歯さんはどのような生活をしているのでしょうね。

今後の情報にも注目したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする