佐藤蛾次郎の現在はパブ店を経営!裏メニュー「寅さんカレー」が大人気

俳優の佐藤蛾次郎さんの現在について迫ります!

佐藤蛾次郎さんは現在パブを経営し「寅さんカレー」が人気のその裏側をリサーチしました!

佐藤蛾次郎の現在

佐藤蛾次郎さんと言えば「男はつらいよ」のイメージが強いかと思います。

1969年から映画「男はつらいよ」に柴又題経寺の寺男源吉役で出演し、1995年の最終話まで全て出演し続けてきました。

「男はつらいよ」では欠かせない存在となった佐藤蛾次郎さんです。

意外にもお料理が得意で、現在はスナック「蛾次ママ」を営業しています。

スポンサーリンク

佐藤蛾次郎の現在はパブ店を経営

もう少し詳しく佐藤蛾次郎さんが経営しているスナック「蛾次ママ」について触れて行きましょう。

「蛾次ママ」は佐藤蛾次郎さんと2人の息子さんの3人で経営しているそうです。

コンセプトは「銀座で”住まいと同様にくつろげる店”」。

なかなかアットホームな雰囲気のあるお店です。

芸能人の方って副業で飲食店を経営する方多いですよね。

それだけお金にも余裕があって、集客能力もあるってことです。

佐藤蛾次郎さんのお店「蛾次ママ」の常連客には、千葉真一さん、桜木健一さん、小沢真珠さん、城咲仁さん、猫ひろしさんなどがいらっしゃるそうです。

スポンサーリンク

佐藤蛾次郎さんのお店は「カラオケパブ」とも呼ばれる部類のお店なのですが、初めにカラオケパブを開いた人こそ佐藤蛾次郎さんではないかと言われています。

カラオケパブを始めたきっかけは今は亡き奥様・和子さん。

40年ほど前に新橋で店をしていた時、TV局からもらった伴奏入カセットテープを店で流したのが始まりなんだとか。

「カラオケ発祥の店」とまで言われているそう…!

引用:trend-madam

時代の最先端を行っていたということでしょうか…?(笑)

佐藤蛾次郎の店・蛾次ママの裏メニュー「寅さんカレー」が大人気

https://twitter.com/gosaigyo_ktv/status/1107241262183141376

寅さんにあやかり佐藤蛾次郎さんのお店「蛾次ママ」では、「寅さんカレー」という裏メニューがあるそうです。

この「寅さんカレー」は二日酔いしない薬膳カレーとして人気を博しています。

これにはこんなエピソードも隠されていました。

薬膳酒の知識も豊富で自分で作った薬膳酒を山田洋次に飲酒させたため酔いつぶれた山田が寝込んでしまい『男はつらいよ』の撮影が一時ストップしてしまったというエピソードがある。

引用:wikipedia

俳優として一つでも代表作があると、色々なシーンで生かせるものですね。

「寅さんカレー」と聞いてはつい食べたくなります。

佐藤蛾次郎に死亡の噂が!

佐藤蛾次郎さんに死亡説が浮上していますが、それには色々なことが関係しているようです。

まず、役柄で死んでいること。

奥様の和子さんが亡くなったこと。

共演していた俳優さん方が次々に亡くなっていること。

そんな不幸な状況が佐藤蛾次郎さんの死亡説に色を付けているようです。

きちんと申し上げておきますが、佐藤蛾次郎さんの死亡説はデマです。

つい最近のドラマ「後妻業」でも、元気に出演されていました。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする