石野真子が現在激太りしたって本当?昔のかわいい画像は?実家は金持ちと話題!

石野真子さんは現在どうしているのでしょうか。

石野さんの現在についてまとめました!

石野真子が現在・激太りしたって本当?画像をチェック!

石野さんが激太りしたと噂になっているようです。

まずは激太りに関してなのですが、スタイルを維持し、可愛い色気がある石野真子さんですが、なんと現在は激太りしてドラマでやばい…とも一部でうわさされているみたいなんです。

ドラマを見た人がうわさしたようですね。

激太りしてヤバいと、噂になっているようです。

ちなみに、現在石野真子さんは、多数のドラマに出演しています。

スポンサーリンク

ですが、現在や直近1年の石野真子さんのドラマでの姿を見ても、激太りしている様子は全く見られませんでした

完全なガセネタだったみたいですね。

どうやら、激太りはただの噂だったようです。

ガセネタのようですね。

推測ですが、ドラマなどで石野真子さんがアップになる瞬間など、少し太って見えるようなカットの一部の写真を切り取って、ネットで激太りした!という風に話題になったんだと思います。

メディアの取り上げ方や映像の移り化や角度で見え方も変わってきますから仕方ないことですよね。

一部分だけで話題になるのもすごいですね!

キレイで可愛らしい石野真子さんが激太りしたと聞いたらファンだった人は気になるのかもしれませんね!

なので髪型についても激太りとは何も関係ないようです!

写る角度によっては太ったように見えたのかもしれません。

しかし、現在も石野さんは綺麗なままのようです!

現在の髪形(ヘアースタイル)がかわいい、美人と話題

現在の髪型がかわいいと話題になっているようです。

髪型で言えばですが、石野真子さんどの髪型でも似合うんですよね~

また、最近の石野真子さんの髪型がかわいいと話題になっているようです♪

石野真子さんの髪型というとセミロングエアでゆるく巻いているイメージです。

50歳を過ぎていますが、美を保ち続けています。

たいだい髪の長さはセミロングでサイドにレイヤーが入っています。

カーラーで巻いて仕上げます。

石野さんの髪型がこちら。

素敵ですよね!

美容室でも石野真子さんの髪型をオーダーする方が増えているようです!

かわいい大人の女性になっているのも、人気の秘密ですね。

美容室でも人気の髪型のようです。

素敵だと、ついつい真似したくなりますよね。

石野真子は昔(若い頃)ももちろんかわいい!アイドル時代の活躍まとめ

スポンサーリンク

石野さんの昔の活躍についてです。

芸能界へのデビューのきっかけは、1977年1月26日に『スター誕生!』に応募して、予備審査と予選会を勝ち進み、本選の大阪大会に出場。

ダニエル・ビダルの『天使のらくがき』を歌った。

診査発表では会場の審査員からの得点だけで合格点を超えてしまい、専門審査員を驚かせる。

合格ラインは250点(5人出場時の大会では300点)で、この日の石野の最終得点は530点になり1000点の過半数を独占した結果になった。

しかし、最終目標は後日合格者が集まって開催される「決戦大会」に出場して芸能事務所からのスカウトを受けることであり、ここでスカウトされなければ「歌が上手な一般人」で終わる。

中々厳しいオーディション番組でした。

なお、この大阪大会に出場した際、バーニングプロダクションのスカウト担当者から「もし決戦大会でダメでもうちに来ませんか、責任をもって歌手に育てますから」と声をかけられていたそうですよ!

3月23日、『スター誕生!』第20回決戦大会に出場。

父親から「これに落ちたら、もうオーディション番組を受けたいなんて気持ちを起こすんじゃないぞ」と念を押されて挑戦した。

再びダニエル・ビダルの『天使のらくがき』を歌う。

「11番、石野真子、一生懸命頑張りました、どうぞよろしくお願いします!」と挨拶した石野に対し、スカウト意向の芸能事務所プラカードが16社挙がる

スカウト希望した事務所には、ビクター音楽産業、バーニングプロダクション、田辺エージェンシー、第一プロダクション、キングレコード、徳間音楽工業、ワーナーパイオニア、日本コロムビア、長良音楽事務所(名称は放送当時)などがあった。

『スター誕生!』決戦大会の勝因について尋ねられた石野は、「選曲が自分に合っていた事と、自分で勝手に考えた振り付けが歌に合っていた事が良かった(のではないか)」と後にコメントしている。

『スター誕生!』の合格を経て、石野の所属はバーニングプロダクションに決まる。

もちろん両親や周りのスタッフの方とも相談して決めましたが、当時の事務所の専務さんから「当社はあなたを将来こういう風にしたい」という温かいお手紙をいただき、ここだったら安心、みたいな気がしました。」

デビューは、テレビのオーディション番組だったようです。

16社もの芸能事務所から選ばれるのはすごいですよね。

デビューの際のエピソードが凄いですね!

オーディション番組の予選ですが、票数を過半数を集めてしまうとは当時から可愛さと共に歌もアイドルとして群を抜いていたのかもしれませんよね!

さらにスカウトしたいと16社から札が上がるとはいやはや凄すぎます!

レジェンドと呼ばれてもおかしくないと思います。

キャッチフレーズは「100万ドルの微笑み」とまさにって感じです!

キャッチフレーズも素敵です。

昔も変わらず魅力的だったのですね。

石野真子の実家はハンドバック製造会社を経営する金持ちだった!

石野さんの実家について話題になっているようです。

お父様は、ビーズ製のハンドバック製造会社を経営していました。

出身地も兵庫県芦屋市ということで、お金持ちの町のイメージも強いですね。

そして、お母様も有名な方で石野弘子さんがお母様です。

石野弘子さんは、ファッションデザイナーで日本デザイン文化協会理事を務めていらっしゃいます。

石野真子さんは、国際手芸コンクール1980年(全日装)グランプリ受賞、NDKデザイン賞など数々の賞に輝いたことのあるデザイナーであるお母様と経営者のご両親のもとで育ち、場所は芦屋。

ミッション系の私立百合学院中学校、百合学院高等学校に通うお嬢様という経歴の持ち主だったのです。

実家は製造会社を経営するお金持ちのようですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする